お粥食堂こはる とは? ~障がい者ともてなす高齢者向け食堂~

独居老人の社会からの孤立や孤独死はいまや社会問題となっています。私たちはそうした高齢者の心の孤独に寄り添い、少しでも楽しい時間を過ごしてもらいたいと考え、孤立する高齢者の“居場所”づくりを目的として「お粥食堂こはる」の運営に取り組むことにしました。薬膳を取り入れたあつあつの中華粥を食べ、食後は、障がいを持ちながらも前向きに生きる「お粥食堂こはる」のボランティアスタッフたちとのんびり会話を楽しむ。そんな何気ないひと時を通じ、孤独を抱える高齢者の方々に、心と体を温めてもらいたいと考えています。孤立する高齢者の居場所づくりと障がい者の活躍の場の創出。「お粥食堂こはる」はそうした思いを込めて今後も定期的に開催してゆきます。

<活動日時と場所>

​開催日:毎月1回開催 ※開催日は下記までお問合せください。

開催場所:浄土真宗本願寺派 興徳山乗善寺 札幌市白石区本通2丁目南4番15号

▼ ​「お粥食堂こはる」の様子

0002.png
0001.png

「お粥食堂こはる」は札幌市の後援を受けて開催しています。