FEELS-テキスト.png

​雲の向こうにはいつも青空がある。 

若草物語.jpg

There is always light behind the clouds.
雲の向こうにはいつも青空がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この格言は『若草物語』(1868年)の作者
ルイーザ・メイ・オルコットの言葉です。

厚い曇が頭上を覆っていても、その向こうには
いつも青い空が広がっています。
雨が降っていても、雪が降っていても、やがては
必ず止むものです。

「There is always light behind the clouds」
雲の向こうにはいつも青空がある。

この言葉を残したルイーザ・メイ・オルコットは
貧しい家族の生活を支えようと頑張り続け、肉体
と精神の過労により様々な病気に苦しめられたと
いいます。

様々な困難を乗り越えて生きたルイーザ・メイ・
オルコットもきっと、この言葉を信じて生き抜い
たのかもしれません。